CLUB POLICY クラブ方針


INTRODUCTION
ご紹介

2020年春にご案内をスタートさせることとなりました、Bay Side Athletic Club。
陸上はもちろん、教育現場での経験を重ねたコーチから、お子様ひとりひとりにあった方法で精一杯指導にあたらせて頂きます。

クラブの方針に共感いただける親御様からのご連絡をおまちしております。

代表略歴

1960 千葉県浦安市生まれ
1975 中学校100m全国ランキング2位
4×800mリレー千葉県代表で全国中学校新記録を樹立する
1976 成田高校入学 1年~3年時までリレー、個人でインターハイ、日本選手権等にに出場、入賞する
1979 日本大学文理学部体育学科入学
インターカレッジ等に出場しながら4年生時には、陸上部総務として各種大会の運営にも参加する。
1983 千葉県公立中学校の体育教諭として、印旛郡富里村立富里中学校より教員としての活動を開始し3年後に選手を初めて全国大会に出場する。翌年、男子100mで6位入賞。短距離選手を中心に毎年全国大会へ出場出来るチームを作る。
1988 浦安市立見明川中学校へ転任
全く陸上部の活動が出来ない状況で、バスケットボール部と2部活の掛け持ちも行い、バスケットボール部は2年で市川、浦安支部で優勝する
2002 市川・浦安支部小中体育連盟陸上競技専門部長就任
5年間で千葉県において強豪の支部にする。その条件としてチーム(中学校)として全国大会にリレーチームを出場させる。チーム(中学校)として県通信陸上大会、県総合体育大会で総合優勝する。県総合体育大会において市川浦安支部選抜チームが4×200mリレーで優勝するという目標を掲げる。
同時期より千葉県の全国、関東大会クラスの代表選手、リレーチームの指導を任される。
2006 堀江中学校時代同校400mリレーチームが千葉県代表となり全国中学校総合体育大会に出場(準決勝)同校が県総合体育大会で総合2位支部対抗から学校対抗に変わった県総合体育大会でも堀江中学校チームが優勝し、目標がほぼ達成させる。

クラブチームの実績

令和2年度 東京県総体 3年男子100m 1位 11,29


NEWS
お知らせ

2020/03/31 公式ホームページを公開しました。
2017/00/00 テキストタイトルテキストタイトル
2017/00/00 テキストタイトルテキストタイトル
2017/00/00 テキストタイトルテキストタイトル


ACCESS
アクセス

スクールは下記3か所にてご案内いたします。
【江戸川陸上競技場】
東京都江戸川区清新町2-1-1
東京メトロ東西線 
「西葛西」駅下車 徒歩約15分
【江東区夢の島陸上競技場】
東京都江東区夢の島1-1-2
JR京葉線/東京メトロ有楽町/りんかい線 
「新木場」駅下車 徒歩5分
【浦安市運動公園陸上競技場】
千葉県浦安市舞浜2番地27

京葉線「舞浜駅」徒歩10分